実印の保管について

実印をきちんと保管すること…それは、犯罪行為から身を守るための行為に他なりません。
それ故、今から列挙することは絶対に厳守してください。

  • 銀行印と預金通帳を同じ場所に保管しない。
  • 実印と印鑑登録証…及び、不動産の権利書を一緒に保管しない。

何故なら万が一盗まれてしまった場合、「勝手に銀行預金を引き出される」「知らない間に、家やマンションを売り払われる」可能性があるからです。
とにかく、実印・印鑑登録証等々を「別々に保管する」ことは基本中の基本なのです。
ちなみに家に保管する場所がない場合、銀行に預けることもできます。
実印・印鑑登録証・重要書類等々…各銀行によって利用料は違いますが、年間10.000円前後だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ