法人の実印について

hojin法人の実印は、法務局に印鑑登録して印鑑カードを作成します。

会社を設立する場合、実印、銀行印、角印の印鑑セットと会社の所在地、代表取締役の肩書きのついた氏名のゴム印の作成をする場合が多いです。

銀行印と角印はともかく、実印を作成しないことには会社として契約書を作成することができません。
会社設立の際に行政書士が設立手続きの流れの中で会社設立完了後に印鑑登録もしてくれるのが一般的です。

会社の実印は耐久性の高いものを

会社の実印は、代表者印とも呼ばれ、内枠に「代表取締役印」などの代表者を表す文字、外枠に会社名を入れます。
大きさは、一辺が1センチから3センチの正方形に収まらなければなりません(商業登記規則9条3項)。

会社は、個人と違って大きな金額の契約を結ぶことも頻繁にあります。
そのような重要な契約には代表取締役の肩書きと氏名を記載し、会社の実印を押すのが通常です。
個人の実印と比べて使用頻度が高いため、摩耗、欠損、ゆがみの少ない耐久性の高い印材を選ぶことが大切です。
また、金庫などにきちんと保管しておくことは言うまでもありません。

実印と銀行印は別にすべき

では、銀行印と角印はどのような役割を果たすのでしょうか。
じつは、実印でこれらの印鑑の代わりをすることも可能です。
ただ、銀行印はさらに頻繁に押印することなどから、実印とは別に作成すべきものです。
実印の摩耗も増えますし、日常的に使用する銀行印に実印を使うと、紛失や欠損等のおそれも高くなるからです。
紛失してしまえば、重要な契約書が作成できなくなり、欠損があれば添付の印鑑証明との差異があるので、これも契約に支障があります。
正直なところ、契約や金銭管理に対する会社の姿勢があらわれるところでもあるのです。
確かに、実印を銀行印として使っている会社は世の中にあります。
しかし、お金をきちんと管理するという当たり前のことを、社長がいまひとつ認識していない可能性があります。

一時が万事ですから、金銭管理もルーズになったり、騙されて帰ってこないお金を貸してしまったりなどの傾向がみられます。
取引先としては、実印と銀行印が同じ会社とは、あまりつきあいたくないと考える人もいるかもしれません。
個人でも、実印と銀行印は別にすべきですが、大きなお金を管理する会社ならばなおさらだからです。

角印は個人でいう認印の役割

角印は、個人の認め印と同じような役割を果たします。別名社印とも呼ばれています。
さほど重要でない契約の際や、請求書や領収書に押印したりします。
請求書や領収書などは、押印がなければ効力がないわけではありません。
ただ、受け取った側が、発行会社によってきちんと発行されたものだということを確認するため、
角印の押印のない請求書などを受け付けない場合が多いのです。
もちろん、請求書に角印がなくても受けつける会社もあります。
商慣習の一種なのです。
さらに、手形を受け取りに行く際に、前もって角印を登録しておき、角印を押したカードを持って行って、その者が手形を受け取る会社の社員であることを確認する場合などにも使われます。
手形の詐取を防ぐためです。
もちろん、角印を押さず、実印を押してもよいのですが、紛失、欠損のおそれもあるため、やはり角印は別途作成すべきと考えます。
角印の使用も日常的ですから、耐久性のよい印材で作成するのがよいでしょう。

実印、銀行印、角印をバラバラに別の印材で作成してもなんら問題はありません。
ただ、一般的には箱に入った会社印鑑セットとして同じ印材で作成されることが多い様です。
セットならば割引価格にもなるという利点があります。

黒水牛は、耐久性、捺印性、風合いもよく、価格も実印としてはリーズナブルなので人気です。
また、チタンも高価にはなりますが、耐久性があるので会社実印に適しているといえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ