実印の重要性

個人の場合でも、会社の場合でも、実印は重要な契約の際に使用されます。
それには、以下のような理由があるのです。

 

私文書(公務員が職務上作成した以外の文書)に本人の印鑑による押印がある場合、その押印はその本人の意思に基づいてなされたと推定され、その文書は本人の意思に基づいて作成されたものと推定されます。
そして、その文書が契約書であれば、そのような契約が実際にされたことまでが証明されます。

 

仮に裁判になって、契約をしたことを認めたくない場合には、その印鑑が自分のものではないことや、自分のものであっても盗まれたものであることなどの事情を立証する必要があります。

 

印鑑の種類は三文判でも契約がされたことは認められますが、三文判は誰でも買えますから、その印鑑は自分のものではないと立証することも難しくはありません。しかし、これが実印だと契約があったことを覆すことは簡単ではありません。
な ぜなら、実印は通常厳重に保管されているはずですし、大切な実印を他人に簡単に貸すことも考えにくいことです。また、厳重に管理されているはずの印鑑登録 証カードを使って取得した印鑑証明書が付いているとなると、本人がそのような契約をした覚えはないといっても、特別な事情がなければ、その言い分は認めら れにくいでしょう。

 

ですから、実印と印鑑証明書(または印鑑登録カード)を同時に他人に渡すなどもってのほかですし、実印と印鑑登録証カードが盗まれて勝手に利用されないよう、この二つは別々の場所に保管しておくなど、管理をしっかりする必要があるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ