これだけある、はんこの種類

はんこの種類は様々で、同じはんこでも形や種類が異なればその役割も大きく異なってきます。
「実印」は、個人や法人の所有権、または法的な証明をするはんこで、一番一般的なはんこと言えます。
役所や住民票関係の書類を発行する際にも必要となります。
それに対し、手軽な承認の証とされているのが「認印」。
ゴム素材のシャチハタもこれに値します。
公的な重要書類にはほぼ使えません。
更に、銀行で口座を開設するために必要な「銀行印」。
法務局に登記するために必要な、「法人実印」。
領収書や契約書に押される「角印」などもあります。
角印は、一般的には届出は必要とされてませんが、取引に応じて届出が必要な場合もあります。
同じ「はんこ」の括りでも、これだけの違いがあり、それぞれにおけるデザインや役割なども全く異なってくるのです。
あらゆるはんこの中で実印は最も重要な役割を担っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ